消費者金融の最近の記事

まず一番通りやすいのが申し込みブラックと言われる状況にある方です。

この申し込みブラックというのは短期間に何社にも申し込みをした場合になってしまうブラックです。

他のブラックと違い6ヶ月すれば情報は消えますし何か事故を起こしたわけではないので問題にしない消費者金融も多くあります。

ただ短期間で3社の申し込みで危険信号、4社以上になると大手消費者金融の審査にはまず通らないといわれています。

これも大手の消費者金融の場合は最初にコンピューターによる審査をしているので4社以上他社に申し込みがある場合はその段階で次に進まないように設定しておけば人の目に触れる前にふるい落とされてしまうのです。

この点も中堅の消費者金融の場合は短期に他社4件以上の申し込みがあるブラックでも通りやすいのでお勧めできます。

次に通りやすいのは任意整理,特定調停,個人再生,自己破産の順になります。

ただこの順番も各消費者金融のブラックに対する捉え方でも代わってきます。

どういうことかといいますと自己破産の場合免責が下りると借金はゼロになります、これを借金を返さずに逃げた人ととらえるか、今現在借金がゼロの人ととらえるかです。
もちろん前者のとらえ方をしている消費者金融での借り入れは厳しいですが後者の考え方をした場合は借金がないのですから貸しやすいお客さんという事になります。

多重債務で首が回らなくなっている人よりは自己破産後で借金が一円もない人の方が貸しやすいと思っている消費者金融も多々あるのも事実です。

一番審査に通らないブラックは現在他社延滞中の方です、これは審査が甘いと言われている消費者金融でもまず審査に通る事はないと思った方がよいでしょう。

ブラックでも通りやすい消費者金融で大手を紹介しているようなサイトも多くありますが絶対に信用してはいけません。そういうところは広告料を貰いたいが為に適当な情報を載せているだけなので信用して申し込みをしてしまうと審査に落ちるだけではなく申し込みブラックになってしまい余計にかりにくくなる可能性もあるからです。

ブラックになってしまった方でも審査に通りやすい消費者金融というと真っ先にあげられるのが中小消費者金融(街金)です。

大手の消費者金融ではブラックと呼ばれる方はまず審査に通りません。

ブラックと言うのは金融事故を起こした方の俗称ですが、そういった方の情報は信用情報機関と呼ばれる所にに登録されており事故を起こした先の金融だけではなく他の消費者金融からでも見る事が出来ます。

消費者金融に申し込みをすると、まず信用情報機関に情報を照会されます、そこで事故を起こした情報が載っているいた場合、大手消費者金融では審査すらしてもらえずに即否決になってしまいます。

これに対して多くの中堅消費者金融では事故情報があった場合でも審査をしてくれます。

ただし、審査をしてもらえるというだけで審査に通るというわけではありませんので勘違いしないようにしてください。

そこから審査に通るかどうかは貴方のブラックの状況によっても変ってきます。

ブラックとかブラックリストって何?

ブラックでも通りやすい消費者金融を探すにあたりまず考えなくてはいけないのはブラックというのは何かと言う点になります。

本来ブラックと言う言葉は金融業界では使われていません。

ブラックと言うのは正式名称ではなく、よくブラックリストに載るという表現をする事がありますがブラックリストというもの自体存在していないのです。

ではブラック又はブラックリストとは何なのでしょうか?

それは金融事故(長期延滞、債務整理等)を起こした方の事を指しています。

金融事故を起こした場合、信用情報機関にその事故の内容が記載されます、その記載された内容は各消費者金融が閲覧する事ができます。

その事をブラック、又はブラックリストに載ると表現しています。

ですのであくまでブラックというのは俗称と考えていただけるとわかりやすいかと思います。